立憲・福山幹事長、自民党総裁選4候補者を批判「誰がなってもコロナ対策がいまだ見えない」

福山幹事長が自民党総裁選4候補者を批判「誰がなってもコロナ対策がいまだ見えない」

▼記事によると…

・立憲民主党の福山哲郎幹事長(59)は28日、国会内で開いた会見で、明日に投開票が行われる自民党総裁選などについて言及した。

・福山氏
「菅総理をたった1年でお払い箱にした自民党の罪は、極めて重い」

「どなたが総理総裁になっても、コロナ対策をどのような状況でやるのか、いまだに見えません」

「自民党は『総裁選をやっていたから』と言って、コロナ対策が後手ごてにまわり、国民や事業者のみなさんを追い込んだ罪は、私は消えると思っていません」

9/28(火) 18:45
https://news.yahoo.co.jp/articles/38190363a4f39286a179675e8616e38f3bf99664

福山哲郎


福山 哲郎は、日本の政治家。立憲民主党所属の参議院議員、立憲民主党幹事長、同党京都府連合代表、学校法人瓜生山学園京都芸術大学教授、学校法人龍谷大学理事、学校法人瓜生山学園理事。
福山哲郎 - Wikipedia

ネット上のコメント

あなた方は、何をやったのか?

もりかけの議論が大事で時間が余ったらコロナとか言ってた人達が"なにをゆぅ~"

現状のコロナ対策も見ようともしないですよね、あなた方は

国会でコロナ中断させたの、自分らでしょ

ほんとモリカケ、サクラでもやってろ です

自己満立憲^ ^。

時間が余ればコロナ…って言ってたやん。ワクチンと治療薬で確実に陽性者、重症者減ってますよね。

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。