「義理の甥」肩書乱用を憂慮か… 天皇陛下が小室さんと“面会拒否”の真相

天皇陛下 小室さんと“面会拒否”の真相…「義理の甥」肩書乱用を憂慮か

▼記事によると…

・注目されているのが、天皇皇后両陛下が小室さんに対面される機会はあるのか、ということ

・「あくまで前例ですが、黒田慶樹さんと清子さんは、結婚式の翌日に、皇居で上皇ご夫妻にご挨拶しています。さらに午後は天皇皇后両陛下(※当時は皇太子ご夫妻)や各宮家を回ったのです」(前出・皇室担当記者)

・小室圭さん問題に注目してきた皇室ジャーナリストは、この挨拶回りには小室さんにとって“有形無形のメリットがある”と語る。

・「まずは結婚のお祝い金です。清子さんのときも上皇ご夫妻や各宮家のポケットマネーから相応のご祝儀が贈られました。

眞子さまは結婚一時金を辞退する意向を示され、国も支給を見送る方向で検討しています。“ご親戚”からいただくお祝い金は眞子さまや小室さんがニューヨークで新生活を送っていくうえでの貴重な資金にもなるでしょう」

もう一つのメリットは天皇皇后両陛下をはじめとして、多くの皇族と面識をもてることだという。

・宮内庁関係者
今回は眞子さまお一人ならともかく、小室さんを同伴しての両陛下とのご面会の実現は難しいとみられています。宮内庁上層部もフォーダム大学入学の際に、小室さんが“眞子さまのフィアンセ”という肩書を利用したふしがあることを把握しています。ご自身の面会が、“エンペラーの義理の甥”という肩書の乱用につながる可能性があることを天皇陛下も憂慮されているのです

9/28(火) 6:09
hhttps://news.yahoo.co.jp/articles/352d8fce6b270eb63cd6ff5986759fcd639e04f2

小室圭


学歴: フォーダム ユニバーシティ スクール オブ ロウ、 国際基督教大学、 一橋大学、 Canadian International School
生年月日: 1991年10月5日 (年齢 29歳)

ネット上のコメント

Royalなんちゃらとかの商標登録を海外でして商売されちゃわないか心配です。

もうこの人に関しては「皇室とは全く関係ない一般人である」と周知する事が大切だし、マスコミとかも騒がない方がいいよ。本来なら顔も名前も非公表の方が良かった。

あくまで婚約"内定者"であるただの一般人 それなのに税金使って警備したり違和感しかない 今でも皇室を利用してるような輩に陛下が会う必要は無い

天皇陛下が言及された多くの国民が祝福する状況になっておらず、そのための努力も不足。私を押し通した我儘は皇室制度の在り方に影響を与える。

賢明なご判断だと思います。秋篠宮家が小室家の侵入を止められないなら、陛下は距離を取るしかないと思います。

やはり天皇陛下だけが正しい判断をされる事には納得出来ます。秋篠宮家は駄目ですね。

陛下は全て先を読んで行動なさっていて本当にありがたいです。

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。