朝日新聞『菅首相の会見、質問の指名に偏り 成立しない質疑も続々』

菅首相の会見、質問の指名に偏り 成立しない質疑も続々

▼記事によると…

・10月初旬に退任する菅義偉首相は、「説明責任」のあり方を問われ続けた。

記者会見の方式や対応もその一つだ。

昨年9月の就任から官邸で計19回の会見に臨んだが、質問に正面から答えないなど、質疑がきちんと成立しないケースが続いた。

会見での指名回数も大きな偏りがあった。

2021年9月28日 5時00分
hhttps://www.asahi.com/articles/ASP9W727VP9WUTFK00Y.html
『朝日新聞』のご購読お申し込みはこちら

菅義偉


菅 義偉は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、内閣総理大臣、自由民主党総裁。 横浜市会議員、総務副大臣、総務大臣、内閣府特命担当大臣、郵政民営化担当大臣、自由民主党幹事長代行、内閣官房長官、沖縄基地負担軽減担当大臣、拉致問題担当大臣などを歴任した。
生年月日: 1948年12月6日 (年齢 72歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

質問じゃなく会見を自社主張の演説会と関知がしてる朝日新聞社がなんか言ってるし。エビデンス決めてから出直そう。

ちゃんとした記事を書けるようになってから質問しよう。

能力がないのです

記者クラブさんの質問に偏りは。

不祥事があっても会見さえ開かないメディアが批判しても説得力はありません。国民のメディア不信はかなりじゃないですか

今ごろ何いってんだ朝日。

記者の質の低下が問題なのでは?

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。