傾斜地の太陽光パネル落下、土砂崩れなど多発… 環境省が規制強化へ

傾斜地の太陽光パネル落下、土砂崩れなどで多発…規制強化へ

▼記事によると…

・傾斜地にある太陽光発電施設が豪雨などで崩落する事故が相次いでいる。自治体が条例で独自に立地規制する動きが広がる中、環境省は法令で土砂災害の危険性のある場所での新設を抑制する方向で検討に入った

・きっかけは7月に静岡県熱海市で起きた大規模な土石流災害。土石流との因果関係は確認されていないが、崩落現場近くに太陽光パネルが設置されていたことで、傾斜地での安全対策に注目が集まった。

9/27(月) 5:00
hhttps://news.yahoo.co.jp/articles/b1ad822344b845fc837a16dec4a731f05047662f

環境省


環境省は、日本の行政機関のひとつ。環境の保全・整備、公害の防止、原子力安全政策を所管する。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

排除まで含めて欲しい。

もはや公害を起こすだけで地域住民に迷惑でしかないメガソーラー。コストは高く、環境に厳しく、中国のウイグル強制労働に加担するだけの代物。

住宅の屋根のも火災発生時すぐ消火できないっちゅうのも恐ろしいです

太陽光パネルは自然環境破壊です。

森林伐採による、保水力の低下など問題山積です。

一度開発が進むと加減を知らない会社が乱開発してしまいます。歯止めをかけないといけません!

自然環境破壊をどうか食い止めていただけますようお願いします。

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。