河野洋平氏が会長務める『日本端子』、合弁相手の中国大企業『BOE』にウイグル人強制労働疑惑

【有本香の以読制毒】河野氏、親族企業問題で説明不足 合弁する中国巨大企業「BOE」にウイグル人強制労働疑惑 誠実な姿勢の野田氏と対照的

▼記事によると…

・海外事業がほぼ中国のみで展開されている「日本端子」について、多くの国民がいぶかしく思うのは、不釣り合いな合弁相手だ。

 同社のサイトによると、関連会社である北京日端電子有限公司(北京市)の合弁相手は「北京京東方科技集団股分有限公司(BOEテクノロジーグループ)」だという。ディスプレーで世界屈指のシェアを持ち、営業規模2兆円を超える大企業が、100分の1以下の規模の日本の中小企業に、特例的な株式比率での合弁を許してきた。その理由は「日本端子が、河野ファミリーの会社だからではないか」と誰もが思う。

 ■BOEとウイグル人強制労働疑惑

 BOEには別の重大な疑惑もある。筆者が最も関心があるのもこの件だ。昨年3月、オーストラリアのシンクタンク「オーストラリア戦略政策研究所(ASPI)」が、世界80以上の有名企業のサプライチェーンに組み込まれている中国の工場で、8万人以上のウイグル人が強制労働させられているという詳細な報告書を発表した。その中に、中間業者としてBOEの名も記されている。

・中国政府の人権弾圧への非難決議について、「時期は分からないが、採択すべきだ」との曖昧な答えしかない河野氏に改めて問いたい。「河野家の親族企業は、ウイグル人の強制労働に関わりありと報告された中国企業と昵懇(じっこん)なのですか」と。

2021.9.25
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/210925/pol2109250001-n3.html

河野太郎


河野 太郎は、日本の政治家。学位はB.A.。自由民主党所属の衆議院議員、行政改革担当大臣、国家公務員制度担当大臣、新型コロナウイルス感染症ワクチン接種推進担当大臣、内閣府特命担当大臣。内閣総理大臣臨時代理就任順位第4位。
生年月日: 1963年1月10日 (年齢 58歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

総理とかの以前の問題になってきてませんか?議員としてダメじゃないのこれ…

これ本当悲しいことだけど、今の日本人なら「中国と仲良くなれば儲かるんだ」程度にしか思わないだろ 日本人にはもはや期待するのは無理かもしれんが、中共ビジネスに乗った末路はきっちり伝えていくべきだと思う

な〜る〜ほ〜ど〜、だからかぁ

敵性家族だ。

対中非難決議をどうするか答えられなかった理由?「時期はわからないが、採択するべき」は「今じゃない」と拒否できるもんね。

河野太郎も日本端子の株主だ、責任を取り政界を引退すべき。

河野太郎クンは、総理には成れないですね。

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。