立憲・福山幹事長、自民総裁選を批判「政策ばらばら、びっくりした」

立憲・福山氏、自民総裁選を批判「政策ばらばら、びっくりした」

▼記事によると…

・立憲民主党の福山哲郎幹事長は23日、TBSの番組に出演し、自民党総裁選の4候補の論戦について、「政策でこんなにばらばらだったのかとびっくりした」と述べた。違いが目立つ政策として、具体的には年金問題や安倍晋三前首相の経済政策アベノミクスの評価、選択的夫婦別姓を挙げた。

・福山氏
「この10年で進まなかった政策は自民党内がばらばらだった結果だ。誰が首相になっても、この政策のばらばら感をどう収れんし、選挙で訴えるのか」

9/23(木) 15:46
https://news.yahoo.co.jp/articles/8d0985802210cb24387660c69848c07ac2167f81

福山哲郎


福山 哲郎は、日本の政治家。立憲民主党所属の参議院議員、立憲民主党幹事長、同党京都府連合代表、学校法人瓜生山学園京都芸術大学教授、学校法人龍谷大学理事、学校法人瓜生山学園理事。
福山哲郎 - Wikipedia

ネット上のコメント

大丈夫!お前らの方がびっくりさせてるから安心しろよ。

内部で政策がバラバラだとしても各人が打ち出した政策を元に戦う総裁選挙があれば健全な政党だと思う。逆にトップダウンで党首の考え以外は認めない独裁こそ是とする政党など怖くて投票できない。

立憲民主党の皆さんもあまりに対応がばらばら、びっくりした。職員が不祥事起こしても身内には甘々対応なのに自民党には激辛対応。批判をする前にやるべきことがあまりに多いかと思います。

維新の音喜多議員がYoutubeで言っていたのですが、ガチガチの反ワクチンの人(はたともこ氏との事)が立憲から衆院選挙に出るそうです。そんな人を公認する立憲の方に僕はびっくりします。

野党を支持したい無党派なんだけど、この人ちょっと軽口すぎるよな。二階並みに。次期政権を目指す党の幹事長はもっと発言に重厚感があるべき。

旧民主党政権は、政府・与党内の意思統一が取れていないとして、自民党から「ばらばら」との批判を受けた。福山氏の発言はかつての旧民主党への批判を逆手に取ったものとみられる。

保守からリベラルまだいるんだから、立憲なんて要らないね。

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。