対中非難決議、総裁候補3氏「採択すべき」→  河野氏は無回答

対中非難決議、総裁候補3氏「採択すべき」 河野氏回答せず

▼記事によると…

・自民党総裁選(29日投開票)に立候補した岸田文雄前政調会長、高市早苗前総務相、野田聖子幹事長代行は22日までに中国政府による諸民族への人権侵害行為を非難する国会決議について「採択すべきだ」との考えを示した。

日本ウイグル協会など国内13の民族団体などで構成する「インド太平洋人権問題連絡協議会」が候補者アンケートを実施し、結果を公表した。河野太郎ワクチン担当相から回答はなかった。

2021/9/22 13:40
https://www.sankei.com/article/20210922-RGIGUBUPLVMTRIQG4IQVENTU5Q/
『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

河野太郎


河野 太郎は、日本の政治家。学位はB.A.。自由民主党所属の衆議院議員、行政改革担当大臣、国家公務員制度担当大臣、新型コロナウイルス感染症ワクチン接種推進担当大臣、内閣府特命担当大臣。内閣総理大臣臨時代理就任順位第4位。
生年月日: 1963年1月10日 (年齢 58歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

わかりやすすぎてもうね…

なるほどネ_φ(・_・♪

だめだこりゃ

回答を中国に問い合わせ中?

重大問題。

河野さんの本質、投票日前に露見してほんと良かったよ

彼を推す議員らも同じ考えという事でよいな。衆院選で答え合わせ。

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。