玉川徹氏「日本ができることは戦争にならないようにすると。安全保障の一番の要諦は敵を作らないこと」

take5さんのツイート

日本ができることは戦争にならないようにすると。安全保障の一番の要諦は敵を作らないこと。

戦争にならないようにするために、敵基地攻撃・反撃能力が必要なのですよ。

敵が容易に攻めると痛い目に遭うと言うのが抑止力。

日本が敵を作らないと思っていても、相手が日本を敵視すれば敵なんですよ。

玉川徹


玉川 徹は、テレビ朝日報道局の局員で、『モーニングショー』のレギュラーコメンテーター。かつては後述する前身番組でリポーターやディレクターを務めていた。
生年月日: 1963年 (年齢 58歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

弱い者が喰われるのは自然界の摂理です。綺麗事では済みません。

玉川ちゃんの寝言ですね〜

昭和20年代からタイムスリップしてきました。

相手がどう思うかは別。

きっと玉川の目線だと敵じゃないんだ

平和は全てバランスの上に成り立ってる事を忘れてる。自分達が正しい事言っていても、負ければ敵が正義となる。アフガンを見てもわかる様に自国は自国で守らなければならない。歴史を見ても長い平和な時期を過ごしてきた為みんな直感が鈍ってる。

わ~い、公安さん、テレ朝の社員さん、警備は不要だって言っています。

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。