朝日社説「9月18日という日が何の日なのか。忘れずに、心にとどめて」

(社説)満州事変90年 歴史を複眼視する重み

▼記事によると…

・9月18日が何の日か、知っていますか。

90年前のこの日、中国東北地方の奉天(いまの瀋陽)郊外の柳条湖で、鉄道の線路が爆破される事件が起きた。

日本の関東軍の謀略による満州事変の勃発であり、中国侵略の起点となる事件である。その後、日本と中国は断続的な戦闘を繰り返し、泥沼とも言われた全面戦争へと進んでいく。

(略)

・歴史は同じ形では繰り返さないが、時に立場を変え、手段をたがえ、韻を踏むものだ。20世紀前半と現在では多くの条件が異なるとはいえ、過ちを繰り返さないための視座を過去に求める努力を怠ってはなるまい。

・その際に不可欠なことは、自国だけでなく、関係する他国の目線でも過去を顧み、思考することだ。当時の自国の行動と思惑が他国にどう映り、なぜ誰も望まぬ破局に陥ったか。

・9月18日という日が何の日なのか。忘れずに、心にとどめていきたい。

2021年9月18日 5時00分
https://www.asahi.com/articles/DA3S15047363.html
『朝日新聞』のご購読お申し込みはこちら

満州事変


満州事変(まんしゅうじへん、旧字体:滿洲事變)は、1931年(昭和6年、民国20年)9月18日に中華民国奉天(現瀋陽)郊外の柳条湖で、関東軍[注釈 1]が日露戦争で大日本帝国に譲渡された南満州鉄道の線路を爆破した事件 (柳条湖事件[注釈 2])に端を発し、関東軍による満州(中国東北部)全土の占領を経て、1933年(昭和8年)5月31日の塘沽協定成立に至る、日本と中華民国との間の武力紛争(事変)である。中国側の呼称は九一八事変[注釈 3]。関東軍は約6か月で満州全土を占領した。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

(´‐ω‐`)ふむ…朝日の数々の捏造…忘れない!!(๑•̀ㅂ•́)و✧

皆の集「朝日新聞の捏造記事を忘れるな」

捏造拡散新聞

日本の新聞社かよ

また角度ですか?朝日にはウンザリですよ。

朝日新聞に言われてもなあ。

そっくりそのまま返すわ

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。