ジャーナリストで映像作家で起業家の伊藤詩織さん、性犯罪の法整備に向け訴え「時計の針止めないで」

「時計の針止めないで」 伊藤詩織さんらが性犯罪の法整備に向け訴え

▼記事によると…

・性犯罪に関する刑法や刑事訴訟法の規定のあり方について、上川陽子法相が法制審議会に諮問した16日、性暴力の実態に即した刑法改正を求めてきた当事者や支援者らがオンライン上で共同記者会見を開いた。

・会見には、2017年に自らの性被害を告発したジャーナリストの伊藤詩織さんも参加。同意のない性交が犯罪となる規定が刑法にあったらと何度も思ったと振り返り、「やっとみなさんの力で動いた時計の針を止めないよう、審議していってほしい」と語った。

9/16(木) 18:45
https://news.yahoo.co.jp/articles/2147a2bb74490ece381b80e2b0ebbeff7a1dea92

伊藤詩織


伊藤 詩織は、日本のフリージャーナリスト、映像作家である。
生年月日: 1989年 (年齢 32歳)
学歴: メアリーマウント・マンハッタン大学
別名: Shiori
職業: ジャーナリスト、映像作家、起業家
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

昨日の危うい刑法改正の話の出所はこれか(゜_゜)

でたーーーーーw

この人って今なんの仕事してるんだろう…

「女の敵は女」であるように、「女性を貶めるのも女性」なんだなぁと思った

女性の主観でレイプかどうか決まる法はもれなく悪用されるのでNG

性犯罪の法整備はするべきだが、冤罪はだめだよ。

冤罪じゃないって証明を先にやれよ。

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。