元号を決める閣議に欠席を希望した河野太郎氏「形式的な会議が嫌い」

Mi2さんのツイート

田﨑史郎氏
日本の礎は皇室と日本語と言われた。元号を決める閣議に用事があるから欠席したいと言ったら菅さんに怒られたと

自民党・河野太郎
国際会議があった。決まっていた会議ですからそれならいいのかなと思った。形式的な会議が嫌い

昔から政策、言動を見てると元号を重んじないからね。

河野太郎


河野 太郎は、日本の政治家。学位はB.A.。自由民主党所属の衆議院議員、行政改革担当大臣、国家公務員制度担当大臣、新型コロナウイルス感染症ワクチン接種推進担当大臣、内閣府特命担当大臣。内閣総理大臣臨時代理就任順位第4位。
生年月日: 1963年1月10日 (年齢 58歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

そういった形式が大事なこともある。皇室を軽んじているとしか思えない。

じゃあ総理に向いてないよ(´・∀・`)

こんな人が実権を握ったら本当に暴走しますね

化けの皮が…

小泉進次郎氏が言う河野太郎氏の突破力はこれですよね。迎撃ミサイル、イージス・アショア配備計画も勝手に止めた。そんな突破力は不要です。

確かに形式的な会議は…って思う気持ちはわかるかな

日本の伝統やしきたりを大事にする男ではありません。

アンケート投票 & 結果確認

Twitterでシェアニュースジャパンを