コロナ禍の1年半で続々と安全を脅かす食品が上陸… 韓国産食品の「違反事例リスト52」

キムチ、魚介類など日本に輸入された韓国産食品の「違反事例リスト52」

▼記事によると…

・「辛ラーメン」で知られる韓国の即席ラーメン最大手「農心」がEUに輸出した商品から、基準値超えの有毒物質「2-クロロエタノール」が検出され、EU当局は販売停止とリコールを実施したと報じられた(8月16日)。

・輸入食品の安全性に関して、これまで何度も話題に上ってきた韓国だが、このコロナ禍の1年半にも続々と安全を脅かす食品が上陸している。

・厚労省が公表する「輸入食品等の食品衛生法違反事例」によると、2018~2019年度の韓国産食品の違反事例は計38件だったが、2020~2021年度(8月現在)はすでに52件が違反事例として摘発されている。

特に違反事例が多いのが、エゴマ(4件)や青トウガラシ(6件)などの生鮮野菜だ。

・食環境衛生研究所・食品分析室の岸田拓也氏
「違反原因は、基準値を超える農薬が主です。たとえば青トウガラシから検出された『テブフェンピラド』は、殺ダニ剤として使われており、発がん性試験では、腫瘍の一種である肝細胞腺腫の発生頻度増加が認められています。赤トウガラシの『テトラコナゾール』も高濃度で摂取すると、発がんなど人体に影響が出る可能性があります」

海産物も問題となることが多い。焼穴子(1件)やカニ辛味噌漬け(1件)などの加工品からは大腸菌群、活赤貝(3件)や活アサリ(4件)からは下痢性貝毒が検出されている。

2020年6月19日には、千葉県多古町の食品輸入販売業者が輸入した韓国産赤貝(一斗缶)から基準値を超える麻痺性貝毒が検出され、383個が回収に追い込まれた。

実際に深刻な事態を招いたケースもある。

2014年には、東京都内の和食店で韓国産のヒラメの刺身を食べた複数の客が嘔吐、下痢の症状に見舞われた。原因は、韓国産ヒラメに多く寄生しているという食中毒寄生虫「クドア」だった。

2020年3月には、米国で韓国産エノキタケを生食し、食中毒の原因となるリステリア菌に感染して4人が死亡、30人余りが入院する事態が発生した。

リスト1

リスト2

2021.09.13 07:00
https://www.news-postseven.com/archives/20210913_1689275.html?DETAIL

大韓民国


韓国は朝鮮半島の南半分に位置する東アジアの国で、非常に厳しい軍事境界線が北朝鮮との間にあります。韓国はまた、桜の木や数百年前に建てられた仏教寺院が点在する緑に覆われた丘陵地帯や、海辺の漁村、亜熱帯の島、首都ソウルのようなハイテク都市でも知られています。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

わざわざ体に害するものを輸入しなくてもいいですよね。安いからと安易にやめて欲しいです。こういった国からは輸入禁止にすべきですね。

こういう事例は頻繁に起こるので買い物行っても自然と避けます、自衛のために。

危険な輸入食料よりも危険なのは危険な輸入食料を規制緩和でガンガン輸入させたい議員と官僚。

政治家や官僚には国民の生命と財産を守る為にも危険な食品の輸入を辞めて、日本国内の自給率を上げて欲しいですね。

外食だと何食わされてるか判らないから嫌なんですよね・・・・・

危険な韓国産&中国産の食品は買わない、食べないことが大事ですね。

我が家は、買わないようにしてます。

アンケート投票 & 結果確認

Twitterでシェアニュースジャパンを