河野太郎氏、ワクチン行政を自画自賛「河野太郎でなかったらここまで来なかっただろう」

ワクチン行政を自画自賛「河野太郎でなかったら…」

▼記事によると…

・自民党総裁選(17日告示、29日投開票)への出馬を表明した河野太郎ワクチン担当相は12日夜のフジテレビ番組で、自身が担う新型コロナウイルスワクチン行政を自画自賛した。「自分で言うのもなんですけど、言っちゃいますけど、やはり河野太郎でなかったらここまで来なかっただろうと正直、思っています」と述べた。日本におけるワクチン接種回数の増加などを根拠とした。

2021/9/12 23:38
https://www.sankei.com/article/20210912-52YDVN4TYBJ43JD57YYBEHQHIA/
『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

河野太郎


河野 太郎は、日本の政治家。学位はB.A.。自由民主党所属の衆議院議員、行政改革担当大臣、国家公務員制度担当大臣、新型コロナウイルス感染症ワクチン接種推進担当大臣、内閣府特命担当大臣。内閣総理大臣臨時代理就任順位第4位。
生年月日: 1963年1月10日 (年齢 58歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

自衛隊に丸投げした気がするけどね

いきなりの押印禁止で現場がどれだけ混乱したか。。。

誰も言ってくれないからって、こりゃ無いよね

これはその通りだと思うよ。実務能力あるからね。

人のフンドシで相撲を取る人だったのね……

そこまで何か発揮されましたっけ??

ああ〜危険な状態ですね

アンケート投票 & 結果確認

Twitterでシェアニュースジャパンを