【総裁選】舛添要一氏、高市早苗氏は「一部のネトウヨの熱烈な支援を受けても、広範な国民の共感を得ることができるかどうかは分からない」「女性有権者の反感を買いそう」

舛添要一さんのツイート

高市早苗前総務大臣が自民党総裁選への出馬を決めた。

自民党の中でも最右翼に属するし、安倍首相が早々と支持を表明したのは、その思想信条の近さである。

しかし、一部のネトウヨの熱烈な支援を受けても、広範な国民の共感を得ることができるかどうかは分からない。

特に女性有権者の反感を買いそうだ。

舛添要一


舛添 要一は、日本の国際政治学者、元政治家。株式会社舛添政治経済研究所所長、一般社団法人地域経済総合研究所評議員。 参議院議員、参議院自由民主党政策審議会長、厚生労働大臣、新党改革代表、東京都知事などを歴任した。
生年月日: 1948年11月29日 (年齢 72歳)
出生地: 福岡県 北九州市
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

マスくんは地上サヨだね

広範囲で共感を持たれない貴方に言われてもね

安倍さんと思想心情が近いんだったら、広範な共感はそれなりに得れると思うけどね。

市さんは週末金曜日の午後から箱根の別荘に行ったりしないだろうし。

一部のネトウヨではなく日本の一般的な常識ある保守層といえる。

てめえよりゃ遥かにずーーっとマトモだよ

コイツよりは遥かにマシです。

コイツよりは遥かにマシです。
アンケート投票 & 結果確認

Twitterでシェアニュースジャパンを