津田大介氏「不起訴になっても『前歴(前科ではない)』が付くので、理不尽」→ 竹田恒泰氏「いえいえ、違いますよ…」

津田大介さんのツイート

コメント前段の「書類送致、一般的には書類送検と言われますが、これは警察から検察に捜査が移ったというだけの意味ですので」がカットされてますね。

まだスポンサーでしたっけ……?

↓↓↓

竹田恒泰さんのツイート

いえいえ、違いますよ。

告発が受理されたことに重要な意味があります。

たとえ「本人が反省している」などの理由で不起訴になっても、告発が受理されたことは1ミリも動きません。

起訴一歩手前まで行ったことは事実で、その前歴が付くのです。

理不尽ではない。

津田大介


津田 大介は、日本のジャーナリスト。有限会社ネオローグ代表取締役、一般社団法人インターネットユーザー協会代表理事。 大阪経済大学情報社会学部客員教授、朝日新聞社論壇委員、新潟日報特別編集委員も兼任している。
生年月日: 1973年11月15日 (年齢 47歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

こいつはデマを流した事について全く反省してないんだな

津田氏は反省するどころか、被害者ポジションとりはじめてますね

津田さんて叩きまわるくせに叩かれるとぼくちゃん傷ついちゃうって幼な子になってしまう

ある時は理不尽と言い、ある時は法律を盾にとる 噴飯ものですね

ブロックされてて見えません。

こいつ反省していませんね。

前科者ならぬ前歴者

アンケート投票 & 結果確認

Twitterでシェアニュースジャパンを