眞子さま、宮内庁長官へ直談判していた…「小室さんは本当に素晴らしい男性なんです!」

【独自】「小室さんは本当に素晴らしい男性なんです」眞子さまが宮内庁長官へ直談判していた!《“駆け落ち婚”の決定打に》

▼記事によると…

・しばらく頓挫していたご結婚話がついに前へ動き出したのは、もちろん、眞子さまの強いご希望が大きかった。

・小室さんが借金問題を説明する文書を出した今年4月8日よりも少し前のこと。眞子さまは西村長官に直接面会し、一点の曇りなき眼差しでこう訴えたという。「小室さんは本当に素晴らしい男性なんです」

・小室さんの母佳代さんは以前、記者の取材にこう話していたことがあるという。

「息子のあの性格のどこがいいんでしょう。(眞子さまは)うちの息子にはもったいないくらいです。以前、お会いした時には、『私は完璧な母ではないです』『ちゃんと息子を育て上げていないので』と、不安な気持ちを正直にお伝えしたんですが、それでも受け入れてくださって。恋してるときって、マイナス面もよく見えるのかもしれないですね。三人きょうだいのご長女でいらっしゃるから、お姉さん気質なのか。うちの子はやんちゃなので、『あら、あら』という感じかもしれません」

・小室さんについても、『彼は何も間違ったことはしていない』『個人の人権が尊重される時代なのに、なぜ、ここまで寄ってたかって批判されなければならないのか』『なぜ自分が結婚を諦めないといけないのか』と、心底疑問に思われているのです」(宮内庁関係者)

・秋篠宮家の頼れる長女であり、16歳になってからは単独でのご公務も務めてこられ、成年皇族の鑑として常に模範的な振舞いをされてきた眞子さまが、なぜ小室さんを信じ続けるのか。

「これは誰も知らない話ですから……」

そう念を押して、先の宮内庁関係者に話を切り出された眞子さまの表情は、まるで自身の命を投げ出すかのようだったという。

眞子さまがその時、打ち明けられたのは、小室さんが母親の元婚約者との話し合いの場で密かに録っていた「隠し録音」の存在だった。

9/4(土) 6:12
https://news.yahoo.co.jp/articles/b6d21afc3e5f26c0fdbd6a0d782d4f76f5d5fc07

眞子内親王


眞子内親王は、日本の皇族。身位は内親王。敬称は殿下。お印は木香茨。勲等は宝冠大綬章。 秋篠宮文仁親王と同妃紀子の第1女子で、徳仁は伯父にあたる。妹に佳子内親王、弟に悠仁親王がいる。2021年現在、内親王では最年長。
生年月日: 1991年10月23日 (年齢 29歳)
出生地: 東京都 東京 (宮内庁病院)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

男女共に。ヒトは脳内ホルモンに制御されちまう生き物なんだなあと改めて思う次第であります。

「素晴らしい男性」なら借金は自分で払うだろう?って俺は思う(゜_゜)

お金に困ったことの無い生活してるからわからないのかな、働いて稼ぐ事は簡単ではない。ご自身で経験されたらわかるだろう。国費だけは使わないで欲しい。

ヒモのカモ

そのお金は国費です

恋愛は必ずしも人格でするもんじゃないから眞子内親王の情熱そのものは仕方がない。しかし宮内庁の仕事は心を鬼にしてでも皇室をお護りすることであって、情にほだされてメロドラマを成就させることではない。

他の人も言ってるけど 普通の男性は自分で借金払うよ 普通以下ですよその男

アンケート投票 & 結果確認

Twitterでシェアニュースジャパンを