英大司教「イエス・キリストを白人として描くことは人種差別」→ 専門家「黒人だった可能性が高い」

イエス・キリストは白人から黒人に戻る?

▼記事によると…

・イギリスのカンタベリー大司教ジャスティン・ウェルビーは6月26日、英国国教会をはじめ世界中の宗教機関は、「白いキリスト」について「当然」再考すべきだと語った。

制度的な人種差別を終わらせろと抗議する行動が世界中で勢いを増す中、世界の165を超える国にまたがる数百万人もの信者の頂点に立つアングリカン・コミュニオンの大司教が、イエス・キリストを白人として描くことは人種差別的だと反対の声を上げたのだ。

・ウェルビーは26日、イギリスBBCラジオ4の番組で、多様な文化的背景を持つさまざまな教会を訪問した経験を語った。その多くで掲げられていたのは、白い肌のキリスト像ではなかったという。

・市民活動家のショーン・キングは、白人のイエス・キリスト像は「白人至上主義の一形態」であるとし、ツイッターで撤去を呼びかけた。現在のパレスチナで生まれたイエス・キリストが白人だったはずはなく、黒人だった可能性が高いというのは専門家も認めるところだ。

2020年6月29日(月)15時15分
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/06/post-93812.php

市民活動家のショーン・キングさんのツイート

イエス・キリスト


イエス・キリストとは、紀元1世紀にパレスチナで宗教活動を行ったとされる、ナザレ(イスラエル北部)出身のユダヤ人男性である。いうまでもなくキリスト教における「キリスト」その人。「キリスト」とは救世主を意味する語で、つまり「イエス・キリスト」とは「キリスト(救世主)であるイエス」という意味の美称・尊称である。キリスト教においては、信仰対象である唯一神とイエス・キリストは同一の存在であるとされる。よって、同宗教において神の子、神と同一の者として崇められる人物でもある。
イエス・キリスト - ニコニコ大百科

twitterの反応

ネット上のコメント

黄色人種差別は問題にならない

仏様みたく金色にしとけば問題ないぞ

これは変。いろんな人種のキリスト像があるって言ったそばから白人のキリスト像をダメっていうの可笑しい。それに宗教の前には人種関係なく信徒とそれ以外で分けてるんではないのか。もっと堂々としたら良い。

なんか、『白人以外』を『黒人』だと思ってませんかね?

白人のイエスがNG って方向に持っていくんじゃなくて、各々の人種としてイエスを表現すればいい、って方向に持っていけばいいのに。

だとしたら、今でも断片が残る異端書の類にそれらしき記述が多く残っているんじゃなかろうか?

元々白人ではなかったろうけど、かといって黒人でもなかったのでは?

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事