カブール空港で赤ちゃんを助けた米海兵隊員・ニコル・ジーさん(23)、カブール・テロの犠牲に

アフガンで赤ちゃんを助けた米海兵隊員、カブール・テロの犠牲に

▼記事によると…

・海兵隊整備担当だったニコル・ジーさん(23・写真)は、テロ発生の約1週間前、カブール空港で両手に抱えた赤ちゃんを見ている自身の写真をインスタグラムに載せ、「私はこの仕事が好き」と書いた。

・犠牲者となったライリー・マクコラムさん(20)は、妊娠中の妻が約3週間後に出産を控えていた。

・海兵隊員のカリーム・ニクイさん(20)は、9・11テロが発生し、これによってアフガン戦争が始まった2001年に生まれた。子どもの頃から柔術に長けていたニクイさんは、海兵隊員を一生の職業にしようとした。

30, 2021 08:54
https://www.donga.com/jp/article/all/20210830/2889385/1

動画を見る

↓↓↓

カブール


カーブルは、アフガニスタンの首都で、同名州の州都でもある。人口は約460万人。 日本では一般に「カブール」と呼ぶことが多いが、現地では「カーブル」と発音する。この他に「カブル」とも表記される。 ヒンドゥークシュ山脈南部の山岳地帯にある盆地に位置する。標高約1800メートルは大都市の立地としては異例の高さである。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

渾身の思いを込めて敬礼

無事、家族や大切な人のところに帰りたかったろうな…言葉がみつからない。

RIP

テロとか意味分からない平和的な日本で生まれ育ったからかな?戦争とか無くなればいいのに。違う事で、競えばいい!

この女性兵士の写真が一番辛い。ご冥福をお祈りします。

日本のオペレーションが完遂されることを祈ります。

謹んでお悔やみ申し上げます

アンケート投票 & 結果確認

Twitterでシェアニュースジャパンを