奈良・荒井知事、緊急事態宣言を国に要請しない方針「効果があれば要請しますが、効果が見られません」

奈良・荒井知事 緊急事態宣言を国に要請しない方針 「効果ないのに経済への打撃大きい」

▼記事によると…

・奈良市は23日、緊急事態宣言の発令を国に要請するよう奈良県に要望しましたが、荒井知事は要請しない方針を改めて主張しました。

・【奈良県 荒井知事】
「効果があれば要請しますが、県外で効果が見られません。効果がないのに経済への打撃が大きいというのは、できればしたくない」

8/25(水) 19:43
https://news.yahoo.co.jp/articles/43e03aa6eb59629e2e533d1d1a752a74b0116d58

荒井正吾


荒井 正吾は、日本の運輸官僚、政治家。奈良県知事。 海上保安庁長官、参議院議員、外務大臣政務官、参議院文教科学委員長等を歴任した。
生年月日: 1945年1月18日 (年齢 76歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

誰も言わなかった正論。

正常な知事さんが、やっと現れましたねん

言える政治家がいるんだね。宣言を出すのは国だが要請する主体は県なので、何もしなければいい。

西村経済再生大臣と交代してくれ!奈良って高市早苗とかおもしろい人が多いな 古都繋がりで共産に支配されてる京都に対抗してるのだろうか?

効果がないから緊急事態宣言の要請をしたくないという奈良県知事。私は彼は極めてまともだと思う。

こういうリスクを取って前に進もうとする知事さんもいるのです。オリパラの子供観戦すら批判を怖がって中止にするチキンとは違う立派な人。

本音はこれ。一貫した知事の「愚直」。知事と極めて仲の良いホテル観光業者を守りたいだけ。この癒着は十数年前から続いている。

アンケート投票 & 結果確認

Twitterでシェアニュースジャパンを