豪・加・英 に続きニュージーランドも香港との犯罪人引渡条約を停止 → 中国が反発「国際法違反かつ内政干渉」

ニュージーランド、香港との犯罪人引渡条約を停止

▼記事によると…

・ニュージーランドのピーターズ外相は28日、「香港国家安全維持法」の施行を受け、香港との犯罪人引渡条約を停止すると発表した。

外相は「香港の刑事司法制度が中国から十分に独立しているとは、もはや確信できない」と指摘。「中国が将来、『一国二制度』を尊重する姿勢を示すのであれば、今回の決定を再考することもあり得る」とした。

・オーストラリアとカナダ、英国は今月、香港との犯罪人引渡条約を停止。トランプ米大統領は、香港に対する優遇措置を撤廃した。

ニュージーランドの中国大使館は、今回の決定は国際法違反かつ内政干渉であるとし、「深刻な懸念と強い抗議」をウェブサイトで表明した。

2020年7月28日 13:56
https://www.excite.co.jp/news/article/Reuters_newsml_KCN24S2US/

ウインストン・ピータース


ウインストン・レイモンド・ピータースは、ニュージーランドの政治家。現在、同国副首相、外務大臣。ニュージーランド・ファースト党党首。
生年月日:1945年4月11日(75歳)
ウインストン・ピータース - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

干渉せざるおえないことをしているから。

香港をもう国として認めてないということ?

そりゃそうです。中国の新法は他国内部でも気にくわない発言がったら犯罪者として強制的に中国に送ることになりますもの。その国の人も含めて。あれでは犯罪人引き渡し条約は止めるのが普通です。

日本は全く態度を明らかにしない!

ファイブアイズは足並みをそろえるみたいですね。

賢明な判断だ。

ニュージーランドも動き出した。次に続く国はどこだ?

\FBページが新しくなりました/

1日1クリックのご支援をお願いします!
↓↓↓

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認