【予算10億】東京都、“若者ワクチン接種促進”へ 7.5億円を広告、2.5億円をアプリ開発に

“若者ワクチン接種促進”都がアプリ開発へ

▼記事によると…

・東京都は若者のワクチン接種を促進するために10億円を使って、広告配信、アプリ開発すると発表した。

・7.5億円は若年層向けのWEB広告や動画の配信に使うとしている。

・残りの2.5億円はワクチンの接種記録を読み込めるアプリの開発に充てられ、接種済みの人が店舗で割引を受けられたりする仕組みを作るとしている。

8/12(木) 22:16
https://news.yahoo.co.jp/articles/7fd1e042cd6784e32b4eb70950a1099ee8fa9ad7

モバイルアプリケーション


モバイルアプリケーション(英語: Mobile Application)とは、スマートフォン、タブレットコンピュータ、その他携帯端末で動作するように設計・製作されたアプリケーションソフトウェア(コンピュータプログラムの一つ)。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

みんな…選挙…いこ…

お願いですから7億5000万、他に使って。ワクチン打ちたくないんじゃなくって、まだ順番がきてない人がほとんどなんだから…。なぜそれがわかんないかな。

高校3年生です。周りの友達は2回目まで終了している人が多いのに私はまだ1回目も打てていません。いや、打てないのです。私の地域では学生含む若者は来年?と言われています。打てないまま受験に挑むのが怖いです。入試の時もしなったら…と考えてしまいます。方向が違う事に気づいてください。

だから違うんだって!!!打ちたいけどワクチン確保が出来てないから延期しますって言われて予約すら取れないの!若者が感染広げてるから早く打て打てって、現状把握してないのに指示するのやめて!!!!要らんものにお金かける前に給付金でも頂けると助かるんですが…

7億にアプリってすごいなぁ

なんで7億5000万も費用がいるんだ?内訳どうなってんだよ

促進アプリより早くワクチン用意してください!無駄な使い方しないで必要なところにお金回して!

アンケート投票 & 結果確認

Twitterでシェアニュースジャパンを