東京都医師会・尾崎会長、「全国に緊急事態宣言」を提案

「全国に緊急事態宣言」を提案 「いままでの政策、誰も聞いてくれない」 東京都医師会・尾崎会長

▼記事によると…

・東京都医師会の尾崎治夫会長は13日、記者会見し、「あと1か月頑張ってもらえば、感染者が減る可能性が出てくるはずだから、こういう政策をとる。こうしたはっきりした出口戦略を示していただきたい」と政府に求めた。

そのうえで、47都道府県のほとんどで実効再生産数(1人の患者が何人に感染させるか)が1を超えているとしたうえで、全国に緊急事態宣言を取るなどの措置が必要との認識を示した。

8/13(金) 14:35
https://news.yahoo.co.jp/articles/0f3eb70b63dfae466bac9ad01985a7e060b36323

尾﨑治夫


尾﨑 治夫は、日本の医師、医学者。学位は医学博士。東京都医師会・会長。おざき内科循環器科クリニック・院長。
生年月日: 1951年11月7日 (年齢 69歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

近所やどこの病院でも治療が受けれるようにすれば

またロックダウンですかね

給付金とセットで頼むわ

飲食のみに金出すしかない能がない策で潰されては困るのだよ。

いや~ まさにオリンピック→盆休み→全国緊急事態宣言の流れやんかぁ~

お金出したくないから全国に蔓延ってありえそう

ついに全国にも…

\\SNSで記事をシェア//

X(旧Twitter)でシェアニュースを