WHO・テドロス事務局長「日本は依然として成功例」 日本の対応を「模範」と評価

WHO事務局長、流行の加速を懸念 日本「依然として成功例」

▼記事によると…

・世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は27日、新型コロナウイルスの感染について、過去6週間で世界全体の感染者数が約2倍になったとし、「流行が加速し続けている」との見方を示した。

一方、感染者が増加する日本の現状については、死者数が最小限に抑えられていると指摘し、「依然として成功例だ」と評価した。

・「感染者の数ではなく、どれだけの命を救うことができたかが最も重要だ」と強調。オーストラリアと並んで日本の対応を「模範」と評価した。

2020.7.28 08:20
https://www.sankei.com/life/news/200728/lif2007280008-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

テドロス・アダノム


テドロス・アダノム・ゲブレイェソスは、エチオピア出身の活動家、マラリア研究者。学位はPh.D.。世界保健機関事務局長。ゲブレイェソスはゲブレイェススと表記されることもある。 保健大臣、世界エイズ・結核・マラリア対策基金理事長、外務大臣などを歴任した。
生年月日:1965年3月3日 (年齢 55歳)
テドロス・アダノム - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

感想しか言わないのかな

金をくれる人にはすり寄る癖があるのか

日本以上に台湾の方がよく抑え込めているぞ。それについてはどう思う?

早く脱退しようよ。税金の無駄使い。

あれっ!日本の対応を懸念してたんじゃなかった?平気でコロコロ変わる。

テドロスの反対が正解(´・ω・`)

言わせた感はあるが、今の状況は拡大傾向、良くないといえます。

\FBページが新しくなりました/

1日1クリックのご支援をお願いします!
↓↓↓

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認