“あおり運転”宮崎文夫被告「車が好きなので(免許)取りたい」「安全運転の模範になる」

「車が好き」免許再取得も... 宮崎文夫被告“あおり”は謝罪

▼記事によると…

・“あおり運転”を厳罰化するきっかけとなった、常磐自動車道で起きた事件。

27日に行われた初公判で、宮崎文夫被告は何を語ったのか。

7月27日午後、茨城・水戸地裁で開かれた注目の初公判。

被告人として法廷に立ったのは、2019年8月に茨城県の常磐自動車道で執拗(しつよう)なあおり運転をしたうえ、相手の車を無理やり停車させた宮崎文夫被告(44)。

運転していた25歳の男性に対し、「殺すぞ」などと叫びながら、複数回顔を殴り、けがをさせた強要と傷害の罪に問われている。

・宮崎被告「『殺すぞ』と言ったかについては記憶がない。被害者には、殴ったことは申し訳ないと思っている」

続く弁護側の被告人質問で、宮崎被告は、マスクをフェイスシールドに変え、声を震わせながら「ドライブレコーダーの映像で日本中を恐怖の渦に巻き込んだ責任を痛感している。2度と同じようなことを繰り返さないよう努めていきたい」と語ると、「申し訳ありません」と座ったまま頭を下げた。

そして、運転免許の再取得については、「車が好きなので取りたいとは思っています」と前向きな姿勢を示し、安全運転の模範になるくらいの心構えで再取得する考えを口にした。

7/27 21:11
https://tpcprs.com/14212/

あおり運転


あおり運転(あおりうんてん)は、道路を走行する自動車、自動二輪、自転車に対し、周囲の運転者が何らかの原因や目的で運転中に煽ることによって、道路における交通の危険を生じさせる行為のこと。
あおり運転 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

宮崎文夫に関しては。まことにざまあという言葉しか思い浮かんでこないよね。

宮崎文夫被告:「同じようなことをされたら嫌だというのを分かってほしかった。今後、そういう人がいなくなってほしいと思ったからです」(´- `*).。o○なんでそれを暴力振るう前に気づかないのだろう?

私はハゲでも愛せるけど、こやつだけは、、、むーりー

この手の輩を一掃してほしい

ヤダ〜〜〜〜、宮崎文夫が同い年なんですけど

また免許を取得したい!?まじでやめて!同じ事繰り返すだけ。一生歩きでいいよ

宮崎文夫は出所後またやりそう…

アンケート投票 & 結果確認

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします

新着情報をお届けします