【コロナ】田母神俊雄氏「感染者数の公表はやめたらどうか」

田母神俊雄さんのツイート

コロナに感染すると仕事に行けない、自由に行動できないなど社会的差別を受ける。

多くの国民はコロナで死亡することよりは社会的差別を受けることを恐れているのではないか。

それはコロナ患者数を問題にするのではなくコロナ感染者数を問題にするからではないか。

感染者数の公表はやめたらどうか。

田母神俊雄 プロフィール


田母神 俊雄は、日本の軍事評論家、航空自衛官、政治活動家。予備役ブルーリボンの会顧問、「日本をまもる会・大東亜聖戦大碑護持会」会長。 第29代航空幕僚長、太陽の党代表幹事兼国民運動本部長、次世代の党副代表を歴任。
生年月日:1948年7月22日 (年齢 72歳)
田母神俊雄 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

感染が悪いことになってしまっていますからね。そもそも、あらゆる病気にすでに感染していて、共存の状態で生きているのが人間です。無菌状態では人は生きられない。

その通りです。PCR検査で分かることなど皆無です。軽症や無症状の陽性者を無理やり増やして感染拡大だと騒ぐのはナンセンスです。PCR陽性者が増えても死者や重症者がほとんど増えないということが、コロナは危険ではないということを端的に示しています。PCR検査自体を「縮小」ないし撤廃すべきです。

あざとい、不安を煽ることで視聴率を稼ぐ手法。もう、いい加減にしろ!と、言いたいです。テレビニュースは、見ません、聞きません、信じません。非電波三原則で。

安倍総理がもっと「コロナ陽性者への差別は止めて欲しい。日本人は思いやりのある民族。民族の誇りを自ら破棄する様な行為だけはしないで欲しい。感染抑制に全精力を傾注しますので」と訴えてみたら如何でしょうか?総理がここ1カ月ほぼ表に出て来ないのも不思議です。

確かに、コロナで死ぬよりもコロナで迷惑をかけることにかなり懸念をもつ。最悪、、コロナで死んでもいいけど家族に危害が及ぶ。、

思います。つい、数字に反応してしまい動揺してしまいますが、実際の人口に対してとか、医療提供体制、症状等それぞれ地域や人でも異なります。実際に感染された方で村八分に遭い引っ越しまでしました。恐怖心から起こる被害、差別にまで発展しては、今後に少なからず悪影響だと思います。

感染者数で不安を煽る。内訳と国籍も同時に発表すべきだと思います。全員が重篤の如く不安を焚き付けるマスゴミには悪意しか感じませんが。

アンケート投票 & 結果確認

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします

新着情報をお届けします