中国出身の芥川賞作家が告発「コロナ拡大の原因は中国共産党政権の対応と隠蔽体質」

芥川賞作家の楊氏インタビュー 新型コロナ拡大の原因は「中国共産党」

▼記事によると…

・中国共産党の独裁体制を批判する『わが敵「習近平」』を出版した中国出身の芥川賞作家、楊(ヤン)逸(イー)氏が27日までに産経新聞の取材に応じ、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の原因は、中国共産党政権の対応と隠蔽体質にあると告発した。

楊氏は、香港への統制を強める香港国家安全維持法(国安法)の施行など、中国の香港政策は「公権力による迫害」だと断じ、習近平国家主席の国賓来日については「断固反対。国賓の資格があるのか」と語った。

2020.7.27 10:00
https://www.sankei.com/politics/news/200727/plt2007270003-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

楊逸 プロフィール


楊 逸は、日本の小説家である。中国ハルビン市出身。2008年、「時が滲む朝」で第139回芥川賞受賞。中国籍の作家として、また日本語以外の言語を母語とする作家として史上初めての受賞となった。2012年ごろ、日本国籍を取得。
生年月日:1964年6月18日 (年齢 56歳)
楊逸 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

国賓ありえない。

日本は自由だね!

ウイグル、チベット、香港からの拍手が聞こえますね。そして日本も他人事では無い。ヤンさん勇気ある人だ。

勇気ある発言に頭が下がります

中国秘密警察に逮捕されない様に気を付けて下さい。日本政府も中国の新しい悪しき法律が中国に日本では通用しない事をハッキリ表明すべきだ。

だ、大丈夫??そんなこと言っちゃって。。。

正直中国は共産党が有る限りはこのままだろう

\FBページが新しくなりました/

1日1クリックのご支援をお願いします!
↓↓↓

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認