東京五輪、国民1人あたりの負担額「都民10万3929円」「国民1万408円」

東京五輪の国民1人あたりの負担額「都民10万3929円」「国民1万408円」

▼記事によると…

・都民の“テレビ観戦料”は10万円超に

・五輪費用は3段階に分けられる。狭義の開催費用は組織委員会の予算7060億円で、財源はスポンサー料収入(4060億円)やIOC負担金(850億円)、チケット売り上げ(900億円)などで賄われ、原則、税金は使われない建前だ。

それとは別に東京都が競技会場の建設費用や輸送用車両など7170億円、国が新国立競技場の整備費(国の負担分)784.5億円などを含む2210億円を負担し、「大会予算」(直接経費)は計1兆6440億円と発表されている。

・さらに、コロナの感染拡大で国は補正予算から感染対策などに大会費用を追加しており、国の負担額として1749億円が加わる。

・組織委員会分の費用を除いた東京都と国の「大会経費」と「関連経費」の合計額は、都が1兆4519億円、国が1兆3059億円になる。この金額は都と国の一般会計から支出されており、財源はいずれも税金だ。

1人あたりの税負担を計算すると、東京都民は「10万3929円」、4人家族なら1世帯約42万円を都民税などで五輪のために払っている。都民負担金額を除いた国民1人あたり(都民を含む)の五輪負担は「1万408円」になる。

・これが都民と国民の東京五輪の“テレビ観戦料”ということになるわけだ。

2021年7月29日 7:00
https://www.moneypost.jp/815781

2020年東京オリンピック


東京2020オリンピック競技大会は、2021年7月23日から8月8日までの17日間、日本の東京都で開催される予定のオリンピック競技大会である。新型コロナウイルス感染症 の世界的流行を受けて、2020年夏の開催日程から1年延期となった。大会延期により開催年は変わるが「東京2020」の名称に変更はない。
日付: 2021年7月23日(金) – 2021年8月8日(日)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

これだった今からでも観客入れるべきだと思う。いれてもいれなくても1日の人数変わらないでしょ。会場周りに集まってるんだし

なぜ東京都の勝手に一万円もふんだくられるのか?

酷いもんだね。馬鹿馬鹿しいスポーツのお祭りでこんなに国民へ負担来るなんて。本当に高いメダルだね。おまけに感染拡大もセットでダブルパンチ

こんな関係ないもんに¥10000やめてくれ!どこが復興五輪やねん詐欺五輪やろ!

この記事信じている人は税金の仕組みとかわかってるの?

望んでないのに、こんなに税金を払うのかと。 腹立たしいです

文句言っているのは実質的にほとんど負担していない奴等ばっかりやろうな・・・

アンケート投票 & 結果確認

Twitterでシェアニュースジャパンを