立憲・川内博史議員、本当の『重症者』は「東京都発表の10倍」

川内博史議員のツイート

政府は、重症者はそれほど増えていないと楽観論を唱えるのだろうが、本当の重症者は東京都発表の10倍くらいだし、医療提供体制が逼迫すると医療にアクセス出来ず急変して亡くなる方が出てくることが問題なのだ。

川内博史


川内 博史は、日本の政治家。立憲民主党所属の衆議院議員、立憲民主党政務調査会長代行。 衆議院沖縄及び北方問題に関する特別委員長、衆議院国土交通委員長、衆議院科学技術・イノベーション推進特別委員長、衆議院文部科学委員長、ガソリン値下げ隊隊長、民主党本部常任幹事、旧立憲民主党常任幹事会議長などを歴任。
生年月日: 1961年11月2日 (年齢 59歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

さすが!自分とこの党員サポーターの数まで把握しているとは。

そら大変だー 10倍の根拠、あるのですよね?

またまたおバカ自慢ですか?やっていいことと悪いことくらい弁えろ。

本当の重症者www へぇww

なぜ、10倍と分かる??ウソツキじゃないと政治家になれない??

国会議員という立場で東京都公式発表の数字は違い実際は10倍だというのなら責任を持って数字の根拠を示して欲しい。根拠なく国民を不安に落としいれる罪は大変大きい。国会議員の職を賭けて対処いただきたい。

とりあえずソースと一緒によろしく(o^^o)

アンケート投票 & 結果確認

Twitterでシェアニュースジャパンを