SNSで五輪選手への誹謗中傷が増加 → 警視庁「被害届出れば対応」

五輪選手への誹謗中傷 警視庁「被害届出れば対応」

▼記事によると…

・東京オリンピックが始まり、主に敗退した選手らを誹謗中傷するような書き込みがインターネットやSNS上に増えている。

・警視庁はこうした誹謗中傷について、本人から被害届が出れば警察として真摯に対応する方針を示した。

・SNSなどでの誹謗中傷は社会問題化していて、東京地裁は5月にプロレスラーの木村花さんを中傷する書き込みをしたとして、長野県の男性に約130万円の支払いを命じる判決を言い渡している。

2021/07/25 13:05
>>全文を読む

誹謗中傷


誹謗中傷は、根拠のない悪口を言いふらして、他人を傷つける行為である。 基本的に合法である批判や非難と混同されやすいが、批判とは「相手の行動に対する評価か相手の主張への反論」という法的・倫理違反者への言動自体へのこのように直すべきとした建設的な指摘やアドバイスである。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

SNSでの誹謗中傷なんて、今に始まった話ではなく、警察に被害届を受理されない人もいるのに、ここでもアスリートファーストなのか!?

どんどんやっちゃえばいい。

心病み過ぎ。でも、昔からそうした人達のニュース聞いてきた。逮捕で収まって減るなら、どんどん逮捕しちゃって欲しい。

選手が中傷を訴えても二次被害に繋がるから簡単に相談できない。精神的にも相当追い詰められるでしょう。今回のオリンピックは賛否両論ありますが、選手を非難するのは違うし、勝敗で叩くのは言語道断です。

瀬戸大也の予選敗退を浮気絡めて叩いてた人は震えて眠れ!!!!

どんどん摘発しろ!てか、オリンピックに出場できるのがどんだけすごいことなのかわかってないやろ……

そもそもオリンピックがやりたい人も認めるのが多様性だよね???いつから絶対善になったのか。

アンケート投票 & 結果確認

Twitterでシェアニュースジャパンを