蓮舫議員、堀米選手祝福の投稿批判に反論「選手への応援と政府の危機管理体制への姿勢は別」 開催には反対の立場

蓮舫議員 堀米祝福の投稿批判に反論「選手への応援と政府の危機管理体制への姿勢は別です」

▼記事によると…

・蓮舫議員ら立民はこれまで五輪反対の立場だったが、25日にはツイッターに「堀米雄斗選手、素晴らしいです!ワクワクしました!」とスケートボードのストリートで金メダルを獲得した堀米を祝福する投稿をした。

 これにネット民からは「2日前まで反対してたのに」「応援しなくていいです」など批判的なコメントが殺到。蓮舫議員は「五輪で健闘された選手へのTweetに『反対してたのに』と言う反応がありますが、選手への応援と政府の危機管理体制への姿勢は別です」とあくまで五輪開催反対の立場と選手を応援するのは別と説明した。

 その上で「感染拡大の最中、今でもこの東京五輪強行の政府と東京都、組織委員会、IOCの判断には反対です。菅総理には国民の命と暮らしを守るリスク管理ができていません」とあくまで現在の状況での開催には反対の立場であることを明かした。

2021年07月25日 16時29分
>>全文を読む

蓮舫


蓮舫は、日本の政治家。立憲民主党所属の参議院議員。立憲民主党代表代行兼国民運動・広報本部長。元夫・村田信之との婚姻中の氏名は、村田 蓮舫。 菅直人内閣で内閣府特命担当大臣、内閣総理大臣補佐官
生年月日: 1967年11月28日 (年齢 53歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

韓国の左派政権の文氏と似たことを言ってるね。日本に対して経済と歴史問題は別、ツゥートラック二重外交(二枚舌)と明言。それによって国際信用を失っていった。蓮舫さんの党の政権になるのは絶対、嫌だな

このまま成功すれば政府与党の手柄だから、引きずり下ろすためには反対と言い続けないといけない哀れな存在

何を言ってるのか意味不明。五輪を中止すれば選手の活躍もなかったわけで、当然応援する資格はない。こうやって明らかに矛盾した話を「それとこれとは別だ!」と言い張るのが立民や共産で流行っている。政府を嘘つき呼ばわりしておいてコイツらの方が余程嘘つきだろと。

これの狂ってるところはワクワクしましたの次に反対ですっていってるとこな。反対してたのにワクワクしてしまったのはそらしょうがないのよ。反対してた人でもワクワクさせてしまうぐらいすごかったんやから。ワクワクした後に即ぶん殴るのが異常なのよ人としてな。

そういうダブスタが支持を3%以下にさせている。

政権だけはご勘弁を。。嫌の極みですw

五輪出られんかったらメダル取れへんやんけ。選手は応援して、五輪反対て、支離滅裂やろ。こんな政党応援してなんの価値があるのか。矛盾したこと言うような人に国は預けられん。

アンケート投票 & 結果確認

Twitterでシェアニュースジャパンを