デーブ・スペクターさん、五輪開会式を酷評「7年間準備して、これ?」「予算いくら? 中抜きひどいよ」

デーブ・スペクターが五輪開会式を酷評「通販のおせち」「予算いくら? 中抜きひどいよ」

▼記事によると…

・TVプロデューサーのデーブ・スペクター氏が、ゴタゴタ続きの東京五輪開会式を独自の視点で〝激辛ジャッジ〟した。開会式直前に音楽担当の小山田圭吾が辞任、演出担当の小林賢太郎氏が解任されたことで、いったいどうなることやらと日本国民の注目を集めていた。デーブ氏は「驚きもときめきもない!」とダメ出しの連発。

「いやー、想像以上にひどかったね」

「正月でよく通販のおせちのCMあるでしょ。あれと同じダヨ! 見た目は豪華に見えるけど、中身はスカスカでどうしようもないんだもん!」

「これなら演出は劇団四季か、NHKに任せたほうがよっぽど統一感あったんじゃない? もしくは演出はテリー伊藤さん、音楽はつんく♂とかさ。演目がバラバラ。これ予算いくらなの? 中抜きがひどすぎるよ。けち臭いし」

「日本らしいものだったら、ロボットとかもっと出してほしかった。ガンダムね。あとはゴジラとか、ポケモンとか出したほうが良かった。ドローンの演出は良かったけど、あれは海外でもやってて二番煎じじゃない? お台場からこっそり(展示されている)ガンダムを借りてきて、夜中に戻しておけばバレなかったよ」

「いやー、コロナ禍というのもあったんだけどさ、準備できる期間あったよね? 延期になってみんなやる気をなくしちゃったのかな? 本当はマイナスって言いたいぐらい」

7/24(土) 10:00
>>全文を読む

デーブ・スペクターさんのツイート

デーブ・スペクター


デーブ・スペクターは、日本を拠点に活動するアメリカ人テレビプロデューサー、タレント。株式会社スペクター・コミュニケーションズ代表取締役。放送作家、著作家としても活動する。アメリカ合衆国のイリノイ州シカゴ出身。公称身長170センチメートル。血液型はO型。妻はエッセイスト・コラムニストの京子スペクター。
生年月日: 1954年5月5日 (年齢 67歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

昨年、実行委員が入れ替わったので、正確には昨年からデーブの仲間のような変な人たちに弄られたからでしょ。

バブル時代で時が止まった人達には、そう見えるのでしょう。

来週からデーブ・スペクターのテレビ出演時の肩書きがテレビプロデューサーからオリンピック開会式評論家になりそう。

でも裏方さんたち一生懸命だったよ

デーブさんにも良いところが少しくらいあるんでしょ? きっと開会式の演出にも良いところがありますよ

文句は電通へ 本当は知ってるんでしょう?

いやぁ~、準備より中抜きが忙しくて。。。。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを