米山隆一氏、小林賢太郎氏解任に怒り「妥当でなかった」「この人を多少なりとも擁護しない日本政府は何なのか」

米山元知事 小林賢太郎氏解任に怒り「この人を多少なりとも擁護しない日本政府は何なのか」

▼記事によると…

・元新潟県知事の米山隆一氏(53)が22日、自身のツイッターを更新。23日に行われる東京五輪開会式でショーディレクターを務める予定だった元お笑いタレントの小林賢太郎氏(48)が大会組織委員会から解任されたことについて

・米山氏
「既に決まった事ですし色々な意見はあろうかと思いますが、私は小林氏の解任は妥当でなかったと思います」

「揶揄自体は不適切で傷ついた人がいたにせよ意図したものでなく、現在その様な事をしている方でもありません。過去にこの程度の瑕疵が一つもない人生を送っている人がそれ程多いとも思えません」

「人生の一時期不適切な冗談をネタにしていたけれど、その後それを改め、人を傷つけないお笑いの道を歩み、事が起こってこのコメントを出す人を、言語道断と言って叩ける人はどれほど立派なのかと思います。またこの人を多少なりとも擁護しない日本政府は何なのかと思います」

7/22(木) 20:26
>>全文を読む

米山隆一


米山 隆一は、日本の政治家、医師、医学者、弁護士。学位は博士。有限会社セイジロー 代表取締役。前新潟県知事。
生年月日: 1967年9月8日 (年齢 53歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

不快という言葉から誠実でないことがわかる。

逆説的に言えば、過去に過ちがあってもキチンと悔い改め、人間的に前進すれば、表舞台で活躍できるんだという前例にして頂きたかった…

公でネタでもホロコーストを揶揄とか、いじめを武勇伝で語るやつなんて、そうはいませんよ。

過去をほじくり返して叩くという今の風潮は問題かなと。

擁護も含めてもう本人は放っておいて欲しいと思いますよ。

ことが「オリンピック」で無ければ解任までは行かなかったとは思いますが。でもホロコーストはネタにしちゃダメだぁ。

それ、ユダヤ人に言ってみて下さい

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします