文大統領、首脳会談見送りに「残念」「いつでも会えることを望む」

文大統領 首脳会談見送りに「残念」=「いつでも会えることを望む」

▼記事によると…

・韓国青瓦台(大統領府)の朴洙賢(パク・スヒョン)国民疎通首席秘書官は20日のラジオ番組で、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が東京五輪に合わせた訪日を見送ることを決めた後、「残念だ」と述べ、「両国の首脳がいつでも会えることを望む」と言及したと伝えた。

・また、実務協議の結果次第では東京五輪後、韓日首脳会談が実現する可能性が残っていると説明した。

朴氏は「日本はわれわれの隣人」とし、「文大統領が指示した実務協議から出発し、外相会談などにつなげれば、良い結果があるのではないか」との見通しを示した。

2021/07/20 10:22
>>全文を読む

文在寅


文在寅とは、韓国の政治家、弁護士、市民活動家で有る。第19代大統領。 北朝鮮からの避難民の息子として生まれる。慶煕大学在学中の1975年、朴正煕政権に反対する民主化運動に関わった容疑で逮捕され、ソウル市の西大門刑務所に収監された。弁護士として市民運動や人権運動に参加したのち、盧武鉉政権で大統領側近として活躍した。
生年月日: 1953年1月24日 (年齢 68歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

会えると思ってるんですか、会えませんよ。

もう〜会うことはないけどね

望まんでいい

むりでしょ!

永久に来なくて良いです。

いつでも会わないことを望む!

それが彼の最後の言葉であった。

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします