堀江氏、小山田問題に言及「一生公の場では何もできなくなったってことが確定した」

ホリエモン、小山田問題に言及「一生公の場では何もできなくなったってことが確定した」

▼記事によると…

・実業家の堀江貴文氏(48)が19日、自身のツイッターを更新。過去のいじめ問題が発覚し、東京五輪開会式の楽曲担当を辞任すると発表したミュージシャン「コーネリアス」こと小山田圭吾(52)について言及した。

・堀江貴文氏
「たぶん小山田圭吾を起用した人は彼の過去を払拭しようとチャレンジしたんだと思うけどもう、年齢的に一生公の場では何もできなくなったってことが確定したんだと思います」

「小山田圭吾全く興味ないけどインタビューしたくなった」

7/19(月) 21:28
>>全文を読む

堀江貴文


堀江 貴文は、日本の実業家、著作家、投資家、タレント、YouTuber。 血液型は、A型。愛称はホリエモンだが、堀江本人があだ名やペンネームなどを名乗る際にはたかぽんを自称している。
生年月日: 1972年10月29日 (年齢 48歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

愛好者同士の場で音楽を糧に働くことはできると思うが、名誉ある場には出られない。
そうあるべきだと思う。子ども時代でも許されないことがあるのは理解すべき。

一生公の場では何もできない?自分の身の丈に合った場所で活動するか、本当に反省していることを障害者や世間に認めさせることができれば、公でもなんでもやったらいい。ホリエモンが勘違いしてはいけないのは、公の場に出られなくしたのは彼自身の行いで、世間のせいではないということだ。

小山田氏は自業自得と言う言葉がぴったりです。しかし、世界中に知れ渡り、ちょっと怖いでしょうね。人目が・・・・。今度は自分がいじめを受けている気持ちになっているのではないでしょうか。反省すればいいけど。

組織委の武藤事務総長は、知らなかったとはお粗末。小山田は、過去のいじめを隠しながら起用されたことも事実。パラ参加者のことを考えると、両者の罪は重いと思うな。

何を言ってんの?むしろこんな仕打ちをしておきながら、この年齢になるまで自由にやりたいことやって生きてきてるんですけど。苛められた側はこの数十年どんな気持ちで彼の活躍を見てきたんでしょうね。

これ普通の競技会だったらスルー出来たかも知れないんだけどパラもあるから明らかに人選ミスだし確認や身体検査ミスなんだよね。そう大会の運営委員会がガン細胞なんだ。それによって他のミスも炙り出されることになる。もう中止や延期も出来ないけれど運営側のクビの一つ二つは必要じゃない。

今の行いの悪いガキどもも、将来、何倍にもなって自分に返ってくるということを理解しろよ 子供だろうが、少年法で法的には守られてようが、被害を受けた相手は一生許さない 地の果てまでも追い詰められればいい

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。