韓国IOC選手委員、日本到着後に感染確認

韓国IOC選手委員 日本到着後に感染確認

▼記事によると…

・東京オリンピックの準備のため日本を訪れた韓国のIOC(=国際オリンピック委員会)の選手委員が17日、到着後に新型コロナウイルスへの感染が確認されたことがわかりました。

感染が確認されたのは、韓国のIOC選手委員で大韓卓球協会会長の柳承敏(ユ・スンミン)氏です。

・柳氏は「出国前の2回の検査では陰性の判定で、ワクチンも2回接種をしていた」と説明。「理由にかかわらず、陽性の診断を受け申し訳ない。東京オリンピックのすべての関係者におわびする」とコメントしています。

7/18(日) 0:36
>>全文を読む

柳承敏


柳承敏は、大韓民国の元男子卓球選手、現韓国ナショナルチームコーチ。アテネオリンピック男子シングルス金メダリスト。
生年月日: 1982年8月5日 (年齢 38歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

帰国していただいて構いません

お帰りください。お疲れ様でした。

帰国して頂いていいです…

マジで帰ってください(^^)

色々持ち込むね。

ボイコットするんじゃ?

ウソみたいだろ ボイコットするって言っておきながら来てるんだぜ これで・・・

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします