【IT企業株式購入】平井デジタル改革担当相「不注意だった。おわびを申し上げたい」

平井デジタル相、IT株購入を陳謝 大臣規範違反、納税もせず

▼記事によると…

・平井卓也デジタル改革担当相は16日の閣議後記者会見で、内閣府政務官だった2006年に大臣規範に反してIT企業の株式を購入していたとして「不注意だった。おわびを申し上げたい」と陳謝した。

・平井氏によると、06年6月の株購入後、国会議員資産公開法で提出が義務づけられている資産報告書に保有の事実を記載していなかった。

2021/7/16 18:37
>>全文を読む
>>『毎日新聞』のご購読お申し込みはこちら

平井卓也


平井 卓也は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員。自民党香川県連会長。デジタル改革担当大臣、情報通信技術政策担当大臣、内閣府特命担当大臣。 内閣府特命担当大臣などを歴任した。 参議院副議長や郵政大臣を務めた元参議院議員の平井太郎は祖父。元労働大臣の平井卓志は父。
生年月日: 1958年1月25日 (年齢 63歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

これはえぐい

株を購入した事、不記載だった事、納税しなかった事。不注意だったのはどの点?まぁ、それより大臣になった事が一番の不注意でしたね。

政治的腐敗が顕著だ。お詫びで済んじゃうような国は連鎖で治安が低下するし、国の信用問題になると思います。

早く議員辞職すべき電通大臣。

不注意で脱税はせんだろ

脱税したのに議員つづけるの?

脱税大臣とはね ありえないわ

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします