WHO・テドロス事務局長「中国に対して特に感染拡大初期の情報や生のデータについて透明性を高めるよう求める」

WHO事務局長「中国に透明性高めるよう求める」 新型コロナ起源調査めぐり

▼記事によると…

・新型コロナウイルスの起源をめぐっては、WHOのテドロス事務局長が15日、自身の免疫学者としての経験から「研究所での事故はよくあることだ」と指摘。中国・武漢ウイルス研究所からのウイルス流出の可能性を排除するのは時期尚早との認識を示しました。

 「私たちは、中国に対して特に感染拡大初期の情報や生のデータについて透明性を高め、オープンで協力的になるよう求めている」(WHO テドロス事務局長)

 これについて、中国外務省の趙立堅報道官は16日、「中国側の専門家は対応を検討している」と明かした上で、こうけん制しました。

 「次の段階のグローバルな発生源解明計画は、加盟国の主導のもと、協議を通じ一致して達成すべきだ」(中国外務省 趙立堅 報道官)

 WHOは3月、「研究所から流出した可能性は『極めて低い』」とする報告書を公表していますが、16日に加盟国に第2段階の調査について説明する予定です。

16日 21時51分
>>全文を読む

テドロス・アダノム


テドロス・アダノム・ゲブレイェソスは、エチオピア出身の活動家、マラリア研究者。学位はPh.D.。世界保健機関事務局長。ゲブレイェソスはゲブレイェススと表記されることもある。 保健大臣、世界エイズ・結核・マラリア対策基金理事長、外務大臣などを歴任した。
生年月日: 1965年3月3日 (年齢 56歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

( ゚Д゚) おいおいどうした急に?

綺麗に研究所を掃除してから 調査団を入れ 厳重な監視付きの接待 ウイルス漏洩しましたと 言ってる様なもの

ついに共食い始まる

(*´ `)つ[意訳:金寄越せ!!]

まさかの寝返り

テドロスの話しなんか聞きたくない。

は?いまさら?!

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします