国民・玉木代表 共産との協力「選挙戦術的な調整は否定しない」

国民・玉木氏 共産との協力「戦術的な調整否定しない」

▼記事によると…

・国民民主党の玉木雄一郎代表は16日、次期衆院選へ向けた共産党との選挙協力について、「選挙戦術的な調整は否定しない」と述べた。共産と候補者一本化を目指す立憲民主党に足並みをそろえた形だ。

玉木氏は記者団に「小選挙区制度で野党が乱立すると、結果として自公政権の存続を許すことになる」とし、共産とのすみ分けがあり得るとの考えを示した。

2021年7月16日 19時28分
>>全文を読む
>>『朝日新聞』のご購読お申し込みはこちら

玉木雄一郎


玉木雄一郎は、日本の政治家、元大蔵・財務官僚。国民民主党所属の衆議院議員、国民民主党代表。YouTuber。民進党幹事長代理、旧希望の党共同代表、旧希望の党代表、旧国民民主党共同代表、旧国民民主党代表などを歴任。
生年月日: 1969年5月1日 (年齢 52歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

それは詭弁です。残念です。結局、覚悟の無い人は共産党に入り込まれてしまう。この左傾化に警戒しなければなりません。

自分なりに政策を発表することができるだけに残念です。立民よりは期待していたのに。その比較は嬉しくないかも。

次期衆院選では数を減らす事必至な国民民主党

地元の人間としては、当然の選択だと思ってしまいます 玉木氏、選挙後はどの様な立場で発言をするのでしょう

やっぱり玉木はダメだねw

ええ...そりゃないっすよ...

玉木代表、気難しい議員・支持者相手にうまいことバランスとってると思うよ、本当に。

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします