【動画】IOC・バッハ会長が橋本聖子氏と面会、日本人と中国人を言い間違えてしまう…「最も大事なのはチャイニーズピープル」

バッハ会長痛恨 日本人と中国人を言い間違い「最も大事なのはチャイニーズピープル」

▼記事によると…

・国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が13日、都内で東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長と面会した。

・ただ、日本国内には五輪開催やIOCへの反発の世論も根強い中で痛恨の言い間違い。「最も大事なのはチャイニーズピープル」と、中国人と言い間違えた。すぐに「ジャパニーズピープルの安全だ」と言い直したが、議場は気まずい空気が漂った。最後は日本語で「ガンバリマショウ」と、呼びかけた。

2021年7月13日 13時37分
https://news.livedoor.com/article/detail/20523663/

動画を見る

トーマス・バッハ


トーマス・バッハは、ドイツの弁護士。 第9代国際オリンピック委員会 会長。1976年モントリオールオリンピックのフェンシング西ドイツ代表選手、ドイツオリンピックスポーツ連盟 会長を歴任
生年月日: 1953年12月29日 (年齢 67歳)
トーマス・バッハ - Wikipedia

ネット上のコメント

気分は早くも来年の北京オリンピックなのね?(´-﹏-`;)

本音ですね。ありがとうございました。

別に良いっすよ。『日本人の安全が最も大事』とか言われても今更信じられんし

心の声がつい出てしまったのねw

バッハ会長からジェット燃料いただきました~w

本音出ちゃったw

言い間違えじゃなくて本音だろ

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします