立憲・枝野代表が村山元首相と面会「もう一回、リベラルな政治を作ります!」

立憲・枝野代表が村山元首相と面会「もう一回、リベラルな政治を」

▼記事によると…

・立憲民主党の枝野幸男代表は11日、大分県を訪れ、社民党初代党首で元首相の村山富市氏と面会した。

・この日の面会で、両党間にしこりがないことを演出し、衆院選での共闘協議に向け、弾みをつけたい狙いだ。

・新型コロナウイルス感染対策も考慮し、面会は10分程度と短時間だった。枝野氏は村山氏に「先生がお元気なうちに、もう一回、リベラルな政治を作ります」と意気込みを見せた。

2021/7/11 16:00
https://www.sankei.com/article/20210711-RW5NQLKA6JKZVGBWK2QW3HIIYY/
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

村山富市


村山 富市は、日本の政治家、労働組合指導者。勲等は桐花大綬章。軍人としての最終階級は陸軍軍曹。いわゆる「村山談話」を発表したことで知られる。 労働組合運動から日本社会党の政治家となり、大分県大分市議会議員、大分県議会議員、衆議院議員、日本社会党委員長、内閣総理大臣、社会民主党党首、名誉党首等を歴任。
生年月日: 1924年3月3日 (年齢 97歳)
村山富市 - Wikipedia

ネット上のコメント

リベラルが、もはやリベラルではない

やはりコイツらの考える「リベラル」は世界的な基準とかけ離れてますね。日本を他国に売り飛ばしたり、国防を軽視する事を「リベラル」とは呼ばない。リベラルとは自由を愛するという事であって、社会主義・共産主義の隠れ蓑ではないし、もちろん今の立民もリベラルではない。

枝ノンは嫌いだわ

自分とその囲いだけがリベラルでいられればそれでいいというわかりきった給料泥棒どもですからね。自由という名の身勝手も極まってますが。

リベラルを錦の御旗にし、リベラルを隠れ蓑にして日本を売りとばそうとしている連中は全くもって信用できない。

リベラルって左翼と呼ばれたくない人達の自証だっけ

御免こうむりたい!

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします