東京に4回目の緊急事態宣言、辻元清美議員「ちょっとそれは違う」

辻元清美議員のツイート

菅総理は記者会見で「感染拡大を防ぐために、先手を打って東京に4回目の緊急事態宣言を出す」と。

ちょっとそれは違う。後手後手の結果、また緊急事態になったのではないか。

ワクチン供給もいきなりブレーキ。

しかも、詳細を都議会議員選挙が終わって発表するのは卑怯。総理、国民は納得してませんよ!

辻元清美


辻元 清美は、日本の政治家。立憲民主党所属の衆議院議員、立憲民主党副代表、同大阪府連合代表。立憲フォーラム幹事長、NPO議員連盟幹事長、児童擁護議員連盟会長。
生年月日: 1960年4月28日 (年齢 61歳)
辻元清美 - Wikipedia

ネット上のコメント

何だか国民の声の代表みたいな事言ってますね。

選挙に向けての戦略、必要と思います。汚い手ではなく、清き一票を持ってる人に届く政策を、きちんと伝わるように。自民批判に共感してる人は既に選挙行ってるひとです。残りの4割余りが持ってる清き一票に届く政策を。

批判ばかりしていないで、どうすればいいのか、代案を立ててください。それが野党の仕事だと思うし、そういうことを発信していけば、次の選挙も信頼を集められるのでは。

辻元はん、ほんまですわー

都議選で都民ファーストが善戦したからなんて立憲民主党は認めるわけにはいかないですもんね!

何ともいいね。好きだよ。本当にその通りだと思うので頑張ってもらいたい。

私は、あなたの過去をして何にも納得していません。私は犯罪を犯した人より、犯してない人を選ぶ。

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。