韓国大統領候補が日本に警告「軍国主義の軍事大国だと言う愚かな欲望の為に、反韓感情を煽り、自国民をごまかすのはやめるべき」「侵略と人権侵害の歴史を反省し謝罪せよ」

<W寄稿>大統領選挙出馬「李在明」の憂慮される日本観=「過激」と言うよりは「時代錯誤的な迷夢」

▼記事によると…

・イ・ジェミョン(李在明、1964年生まれ)京畿道知事が7月1日に次期大統領選挙への出馬を公式化した。

・万が一、李在明氏が来年大統領として当選すれば、韓日関係は如何なるのだろうか?彼が当選すれば、史上最悪だと言う韓日関係の記録は更新される可能性が濃厚だ。

・李在明氏の日本観は100年前の水準で止まった状態だ。

2020年9月2日に李在明氏が自身のフェイスブックに掲載した文だけ見てもすぐに分かる。

「日本の保守右翼に警告する。(中略)今日の日本は極右勢力を支えた最長期政権の安倍総理の没落とコロナ禍、景気沈滞などでパニック状態だ。現実に苦しむ自国民の視線を外部へ転嫁して敵対感情を作り、内部の結束を強化する日本の極右勢力の伝統的戦略に従って、極右勢力が選択した突破口は韓日関係を捻じ曲げることでしかない。結局彼らが望むのは反韓感情の助長を通じた韓日対立だ。」

「日本の極右勢力に警告する。軍国主義の軍事大国だと言う愚かな欲望の為に、反韓感情を煽り、自国民をごまかすのはもうやめるべきだ。日本が夢見る普通の国になるにはカネとイージス艦でなく、平和と人権に対する国家的信頼があって初めて可能だ。そして国家的信頼の回復は侵略と人権侵害の歴史を反省し、心のこもった謝罪をする時にようやく始まるのだという点を心に刻むことを望む。」

・ほぼ1年365日、反日メッセージを発信する人物だ。彼の発言を一つ一つ紹介しようとすればきりがない。最近数年、時系列的に主要なもののみまとめると以下の通りだ。

・2021年3月31日、自身のフェイスブックで「日本の保守右翼が未だに旧時代的な軍国主義の迷夢に捕らわれており、保守右翼の陰の下で日本政府が安住しているのが本当に嘆かわしい。日本政府が過去を否定して歴史を歪曲し、自ら孤立を招くのであれば、失われた30年となるように、遠くない時点で日本は後進国へ転落することになるだろう」

(略)

7/4(日) 19:38
https://news.yahoo.co.jp/articles/8656b76def42e1c097e335d4b5ed96f667837a42

李在明


李 在明とは、韓国の政治家、弁護士、市民活動家で有る。京畿道城南市の第19、20代市長を歴任した後、2018年7月1日から京畿道の第35代知事を務めている。
生年月日: 1964年12月22日 (年齢 56歳)
李在明 - Wikipedia

ネット上のコメント

ここまで来ると笑えてくる。

その調子で邁進すべし!

関わらない 助けない 教えない 与えない デフォ

気が済んだかなぁ

じゃあもう断交でいいじゃん。何でいちいちこっちをチラチラ見てるんだろうね。

それいつも言ってますよね、何かにつけて見苦しいほどに。

韓国の予言で当たるのは「大統領の監獄入り」ぐらいなモンですからね。フッ化水素の国産化を含めて、実現しないことばかり。

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします