【話題】『“死語”だらけの走れメロス』

エニグマ伯爵さんのツイート

”死語”だらけの走れメロス

走れメロス


『走れメロス』は、太宰治の短編小説。処刑されるのを承知の上で友情を守ったメロスが、人の心を信じられない王に信頼することの尊さを悟らせる物語。
走れメロス - Wikipedia

ネット上のコメント

はしょれメロスも好き

これ、マルゼンスキーさんに語らせたい。

「メロスはプッツンした」でもう吹いたww

これ聞いてたらメロスがパルテナの鏡とかのやつのハデスにしか見えなくなってきた…(テンションといい声といい)

めちゃくちゃ面白かったですw 笑わせていただき感謝します

声が完全に大塚芳忠さんw

やばいwwwこのセリフのチョイスが煽りにしか聞こえない感じが好きすぎるww

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします