西村〝経済破壊大臣〟の圧力発言が波紋… 堀江貴文氏、古市憲寿氏、吉村知事らが一斉に声を上げる

西村〝経済破壊大臣〟の圧力発言が大波紋! ホリエモンら一斉批判で進退問題に発展か

▼記事によると…

・西村康稔経済再生担当大臣が発した〝問題発言〟への批判が収まらない。堀江貴文氏や古市憲寿氏、大阪府の吉村知事らが一斉に声を上げ、ネット上では「経済破壊担当大臣」のニックネームがトレンド入り。一気に責任問題へ発展しそうな雲行きとなってきた。

・同大臣は9日、「酒の提供を続ける飲食店に対して金融機関への働きかけを要請する」として波紋を広げた8日の発言について釈明。「金融機関は多くの事業者と接点があり、日頃からコミュニケーションをとる一環として、感染防止を働きかけてもらいたいという趣旨だった」「融資を制限するということではなく、優越的地位の濫用には当たらない」などと説明した。

・9日午前には事の重大さを悟った菅首相が「西村再生相はそうした趣旨の発言は絶対しないと思っている」と語るなど政府はあわてて火消しに努めているが、事態は大きくなるばかりだ。

・インターネット上でもこの問題への関心は高く、以前からくすぶっていた“西村経済破壊大臣”の異名がトレンド入り。飲食店などに、酒類を販売する酒屋の業界団体である全国小売酒販組合中央会も9日、正式に西村大臣らに対して抗議した。

7/9(金) 21:59
https://news.yahoo.co.jp/articles/0251ac45bf668061efb761d63c3db3ef20e4b2db

西村康稔


西村 康稔は、日本の通産官僚、政治家。自由民主党所属の衆議院議員、経済再生担当大臣、全世代型社会保障改革担当大臣、新型コロナウイルス感染症対策担当大臣、内閣府特命担当大臣。 衆議院内閣委員長、内閣官房副長官、内閣府副大臣、外務大臣政務官、自由民主党総裁特別補佐・筆頭副幹事長などを歴任。
生年月日: 1962年10月15日 (年齢 58歳)
西村康稔 - Wikipedia

ネット上のコメント

【普段、ホリエモンさんに批判的なマスコミ】が、こういう時だけ、【ホリエモンさんの発言を利用して、政権批判をする】という、マスコミの【節操の無さ】と【浅ましさ】。

弁明しようが撤回しようが、こんな卑劣な手口を考える大臣は辞めさせるべきだし、こんな政権は倒すべき!そもそも「補償の無い要請には従う必要無し」。宣言出されようが、補償が無いのなら、飲みにも行くし、旅行にも遊びにも行く!

政府の諸々のコロナ対策って、戦時中の軍部にそっくりとは思っていたが、まさか秘密警察まで登場するとは思わなかった。

堀江や古市の名前出す必要無さすぎ笑

西村はどうでもいいんだけど、この発言で進退云々ってことはないだろう。それにしても、ホントに考えて発言してないなとは思う。

今までは野党は批判しかしないから無意味と思って7:3で与党を支持していたが菅政権はダメだ 西村のこんな発言が躊躇なく出るって事は普段から他のこともこんな考えって事 安倍政権では持続化給付金と雇用調整助成金、一律給付をもって企業と国民にお願いした 現政権はお願いとは言葉ばかりで無策どころか優越的地位の乱用をもって圧力をかけ企業と国民を潰そうとしている こんな内閣、これを良しとする自民党など二度と支持しない、国民を馬鹿にするな!

もともと西村にはコロナ対応なんかができる器はない 今までも素人でもできるような発言ばかりだし 西村や菅に限ったことではないけど、単なる党上層部のスピーカーでしかない

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします