【文春】平井デジタル相に資産公開法違反の疑い “五輪アプリ受注”の親密ITグループの株を不記載

平井デジタル相に資産公開法違反の疑い “五輪アプリ受注”の親密ITグループの株を不記載

▼記事によると…

・デジタル庁の関連事業である東京五輪向けアプリを、平井卓也デジタル相(63)の大口支援者が経営し、かつて平井氏も株式を保有していた企業のグループ会社が、約6億6千万円で受注していたことが、「週刊文春」の取材でわかった。

・五輪向けアプリの事業費を巡っては、NECが契約から外れるなど大幅に削減されたが、この会社は減額されていなかった。また、平井大臣は、この企業の株を保有していたことを「資産等報告書」に記載していなかった。資産公開法に違反する疑いがある。さらに、この株の売却益が「所得等報告書」に記載がないこともわかった。

 平井氏が保有していたのは、IT関連企業「豆蔵ホールディングス」(東京都新宿区)の株式8400株。

・豆蔵ホールディングスは2013年から2017年にかけて毎年60万円、計300万円を平井氏が代表を務める自民党香川県第1選挙区支部に献金していた。

・平井氏によれば、2006年6月に豆蔵ホールディングス株を14株購入。その後、株式分割により保有株数が8400株となり、2020年3月に同社のMBO(経営陣による自社株買い)に応じ、全ての保有株式を売却したという。

・平井氏は以下のように回答した。

「資産等報告書等については確認の上、必要があれば修正する考えです。(荻原氏からは)ルールに則った形でご支援を頂いています。(ネクストスケープの五輪向けアプリの受注など)政府調達については、関係法令に基づいて手続きがなされているものと承知しております」

7/7(水) 16:12
https://news.yahoo.co.jp/articles/201df84c4c74e912806afc39f6277264291a504e

平井卓也


平井 卓也は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員。自民党香川県連会長。デジタル改革担当大臣、情報通信技術政策担当大臣、内閣府特命担当大臣。 内閣府特命担当大臣などを歴任した。 参議院副議長や郵政大臣を務めた元参議院議員の平井太郎は祖父。元労働大臣の平井卓志は父。
生年月日: 1958年1月25日 (年齢 63歳)
平井卓也 - Wikipedia

ネット上のコメント

なんかきな臭いかんじがするやっちゃな(-_-;)

もはや辞任時間の問題!

オリンピックって、汚いドロドロしたものしか見えてこない。

やっぱりズブドロじゃねぇか!

まだまだ色々出てきそう

ITはインチキテクノロジーだからね

真っ黒

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします