環境省、企業向け「太陽光パネル初期費用ゼロ」で1000万キロ・ワットの増加を見込む 原発20基分相当

【独自】太陽光発電の目標上積み、原発20基分相当…環境省

▼記事によると…

・政府は30年度までに温室効果ガスの排出量を13年度比で46%以上削減する目標を掲げ、再生可能エネルギーの拡大に向けて計画の見直しを進めている。

・環境省は、さらに再生エネの拡大を加速化させるため、新たに積み増しする案を作成。「公共部門」「企業」「地域」の三つを重点分野に掲げ、分野ごとの具体的な取り組みや導入目標を盛り込んでいる。

公共部門では30年度までに、太陽光発電設備が設置可能な国や自治体の建築物の50%に導入することで、600万キロ・ワットを確保する。

・企業向けには、初期費用ゼロで太陽光パネルを設置できる電力購入契約を広く周知し、ビルや駐車場などで自家消費型の発電設備の導入を促し、1000万キロ・ワットの増加を見込む。

2021/07/06 08:35
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20210706-OYT1T50052/
>>『読売新聞』のご購読お申し込みはこちら

環境省


環境省は、日本の行政機関のひとつ。環境の保全・整備、公害の防止、原子力安全政策を所管する。
環境省 - Wikipedia

ネット上のコメント

あっ。こりゃダメだ。

環境省は財務省からその分の予算を獲得できているのかね?そこからして若干の不安がある...ww

初期費用ゼロでも税金補填でしょう?家の屋根に日本製品でないソーラーパネルはいらないわ。

原発20基分あっても、雨と夜は発電できないけどね。原発20基分の電力を蓄電でもするのかな?

でも維持費はタダじゃない 多分ソーラーなんか付けたら後悔する

その後の修理、メンテナンスや交換、撤去費用も国費負担なら。じゃないと数年ごとに阿呆みたいな金がかかる。

それなりの強度計算されていない家庭に設置されると、降雪地域では雪の重みで屋根がつぶれる家が、夏の台風で多くの家のパネルが屋根ごと空を舞う光景が思い浮かぶわ。

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします