小泉進次郎環境相、災害招く恐れのある太陽光発電所の立地規制を検討する考え

太陽光発電、立地規制も検討 熱海土石流で小泉環境相

▼記事によると…

・小泉進次郎環境相は6日の記者会見で、山林開発などで災害を招く恐れのある太陽光発電所の立地規制を検討する考えを示した。

静岡県熱海市の大規模土石流の起点付近には太陽光パネルが設置されている。

県調査で因果関係は確認されていないが「急傾斜地への設置を懸念する地域もあり、ここに建てるべきではないという対応も必要ならやるべきだ」と述べた。

7/6 13:20
https://nordot.app/784993578694410240

小泉進次郎


小泉 進次郎は、日本の政治家。学位はMaster。自由民主党所属の衆議院議員、環境大臣、内閣府特命担当大臣。血液型はAB型。 内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官、自民党青年局長、自民党農林部会長、自民党筆頭副幹事長、自民党厚生労働部会長などを歴任。 父は、第87代・第88代・第89代内閣総理大臣の小泉純一郎。
生年月日: 1981年4月14日 (年齢 40歳)
小泉進次郎 - Wikipedia

ネット上のコメント

中国企業が絡んだ結果 日本国土に無理矢理設置したんてしょうね 廃棄までの責任まで必要でしょう

鬼怒川決壊のときからやってほしかった。

どんなに皆が心配して反対しても、被害が出ないと動かないんだよね しかも、一度許可しちゃった事とかだと、動きが中途半端

やっと

初めてこの議員を応援する気になった。頑張れ。絶対に規制しろ。

もう、放置したらアカンょ。

初めて仕事してるじゃん。検討で終わらないでね。 ちゃんと規制して。

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします