【熱海土石流】現場を見た静岡副知事「開発の影響は正直に言ってあると思う」

熱海の土石流「山林開発の影響あると思う」 現場を見た静岡副知事

▼記事によると…

・静岡県の難波喬司副知事は4日、熱海市の土石流の被災現場を視察後、土石流の発生と逢初(あいぞめ)川上流部の山林開発との関係について

「開発の影響は正直に言ってあると思う。現場で見ているので、原因はかなり分かってきている」

「今やるべきことは捜索活動の安全の確保。原因究明はその次。原因についてあいまいな形で言うべきではないので、少し時間をかけてしっかり整理したい」

2021/7/4 11:43
https://mainichi.jp/articles/20210704/k00/00m/040/074000c
>>『毎日新聞』のご購読お申し込みはこちら

難波喬司


難波 喬司は、日本の国土交通技官、工学博士。国土交通省大臣官房技術総括審議官を最後に退官後、静岡県副知事、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任教授、京都大学経営管理大学院客員教授等を歴任。
生年月日: 1956年 (年齢 65歳)
難波喬司 - Wikipedia

ネット上のコメント

単なる自然災害ではありませんよね。

これを期にメガソーラーなんてエコじゃないってことがもっと浸透してほしいと願うばかり

静岡県副知事国土交通省出身。熱海市長も経歴に国土交通省出身。だけど山の災害を防げなかった。理由はどこに。

時間がかかってもいいので、原因解明が必要と思います。

知事の見解はどうなんだろうな。しかし、静岡県知事もつい先日4選を果たしたところだが、この短期間でまさに天国から地獄を体験したことだろう

この副知事さん正直な感じしますけど上司に消されないといいですにゃ

いよいよメガソーラー?に矛先が。

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします