細野豪志議員「土石流とメガソーラーとに関連がなかったか、調査を求めて動く」

細野豪志議員のツイート

伊豆半島にはメガソーラー(計画を含む)がかなりの数、存在する。

熱海市に隣接する函南町でも山の中に巨大なメガソーラーが計画されていて、私は開発阻止で動いている。

土石流とメガソーラーとに関連がなかったか、調査を求めて動く。

細野豪志


細野 豪志とは、日本の政治家。衆議院議員である。静岡5区選出。 環境大臣、内閣府特命担当大臣、内閣府特命担当大臣、内閣府特命担当大臣、内閣府特命担当大臣を務めたほか、民主党政策調査会長、民主党幹事長、自誓会会長、民進党代表代行、希望の党憲法調査会長などを歴任した。
細野豪志 - Wikipedia

ネット上のコメント

ソーラパネルが破損すると有害物質が土壌汚染の原因になると以前聞いた事があるのでそれもとても気掛かりです。

これは静岡に限らず全国どこにでも関係のあるお話。関連性の調査よろしくお願いします!

豊かな里山が破壊されていく状況が、悲しいです。どうぞ宜しくお願いします。

外国系企業も絡んだり、訴訟問題にもなっていますので宜しくお願い致します

是非お願いします。全国の里山でソーラーパネルの設置による自然破壊が起こっています。政治の力で止めてください。

心強いです!宜しくお願い致します。

心強いお言葉、ありがとうございます。

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします