【ALS安楽死事件】逮捕された医師「寝たきり高齢者はどこかに棄てるべき」「ボランティアではやってられない、安楽死屋さんになろうか…」

逮捕された医師は元厚労省官僚 「高齢者は社会の負担」優生思想 京都ALS安楽死事件

▼記事によると…

・全身の筋肉が動かなくなっていく神経難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症した女性に薬物を投与して殺害したとして、嘱託殺人の疑いで、呼吸器内科医の大久保愉一容疑者と、医師の山本直樹容疑者を逮捕した事件

大久保容疑者は「高齢者は見るからにゾンビ」などとネットに仮名で投稿し、高齢者への医療は社会資源の無駄、寝たきり高齢者はどこかに棄てるべきと優生思想的な主張を繰り返し、安楽死法制化にたびたび言及していたという

さらに同容疑者のブログ「高齢者を『枯らす』技術」やツイッターには、安楽死に賛同する投稿が残されており、「『日々生きていることが苦痛だ』という方には、一服盛るなりしてあげて、楽になってもらった方がいいと思う」「バレると医師免許がなくなる。訴追されてプーになるリスクを背負うのに、ボランティアではやってられない」「まじめに安楽死屋さんになろうか…」などと記されていた

大久保容疑者は、厚生労働省の医系技官として約7年半働いていたことも分かっている

7/23(木) 16:57
https://news.yahoo.co.jp/articles/49e632b13df2c5ec4270e0784f0948cc341caeec

筋萎縮性側索硬化症


筋萎縮性側索硬化症(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう、英語: Amyotrophic lateral sclerosis、略称: ALS)は、重篤な筋肉の萎縮と筋力低下をきたす神経変性疾患で、運動ニューロン病の一種。
筋萎縮性側索硬化症 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

えっ…コレ、思ってたよりエグいな…

ダメなんだけど、許してあげてほしいんだけど、やっぱりダメなんだよなあ。今は。

この大久保容疑者は「優生思想」ではない。デリケートな問題なのでしっかりした区別を。

大変な事件だ。厚労省よりの匿名医療アカウントの問題をたびたび指摘してきたが、7年半も技官として働いた医師がこのような事件を起こしたことについて、厚労省は説明する責任がある。

こういうこと言ってる奴に限って、自分がジジイになったら生に執着する。

ここを見落としていけない

患者の意志を汲んだのかと思ったら180°中身違くてなんだこれ……

アンケート投票 & 結果確認

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします

新着情報をお届けします